カナダ入国手続き

入国審査

カナダ入国手続き 空港に到着したら、IMMIGRATION(入国審査)またはARRIVAL(到着)のサインにしたがって進みます。 入国審査カウンターに着いたら、NON RESIDENTS(非居住者)または、VISITORS(観光客)というサインのブースに並びます。 順番になったら、税関申告書(Declaration Card)とパスポートを入国審査官に提示します。 尚、入国審査で提出する税関申告書は機内で配られるため、空港に到着するまでに記入を済ませておいた方が良いです。 税関申告書の書き方については、下で記入例を付けて説明します。
審査官に聞かれる主な質問は次の3つです。

  • カナダに来た目的 < What's the purpose of your visit? >
  • 滞在期間 < How long will you be staying in Canada? >
  • 滞在場所 < Where are you staying? >

観光 < Sightseeing >、10日間 < ten days >、ABCホテル、といった感じで、ここでは聞かれたことのみ答え、 余分なことは言わないのが得策です。 パスポートにスタンプを押してもらい、税関申告書を受け取ったら入国審査は終了です。


荷物受け取り・税関

入国審査が済んだら、日本の空港のチェックインカウンターで預けた荷物(受託手荷物)を受け取り、 税関で税関申告書を手渡せば入国手続きは完了です。

荷物受け取り

入国審査のあと、Baggage Claimのサインに従って荷物受取所に向かいます。 搭乗機の便名が表示してあるターンテーブルで受託手荷物(チェックインの際、預けた手荷物)を受け取ります。 荷物が出てこなかったり、破損していたら、税関を通る前に、日本で荷物を預けた際、航空券につけられた荷物引換証(Claim Tag)をもって、 すぐその場で航空会社職員に申し出よう。 尚、 事後のクレームは取り扱ってくれないので注意が必要です。

税関

荷物をもってEXIT(出口)に進み、出口手前で待機している係員に税関申告書を渡します。 この際、まれに申告の有無を尋ねられることもあるが、申告するものがなければ"No"と答えます。 税関を通ったら、入国手続きは終了し到着ゲート(Arrival Gate)に出られます。 ちなみに出迎えの人はこの到着ゲートから中へは入れず、この到着ゲートが唯一の出口であるため、 到着ゲートを出たところが出迎えの場所として使われています。


税関申告書

税関申告書は機内や入国審査カウンター付近でも入手できます。 以下に記入例を示すが、書式は予告なく変更になる場合があります。 尚、税関申告書は全員必要ですが、住所が同じ1家族の場合、1枚にまとめて書くことができます。

税関申告書 1: 姓と名
2: 生年月日(西暦・月・日)
3: 国籍
4: 同行者(家族)の氏名、生年月日、国籍を記入
5: 現住所
6: 国名
7: 郵便番号
8: 渡航手段 (・空路 … ・鉄道 … ・海上 … ・道路)
9: 搭乗便名
10: 主な旅行目的 (・留学 … ・私事 … ・仕事 )
11: 入国経路は?
・アメリカから
・アメリカ以外から直行便
・アメリカ経由で入国
12: 以下のものを持っていますか?
・火気、その他武器類
・業務用の品物、用具、商品、商品見本
・肉、肉製品、酪農製品、果物、野菜、種子、ナッツ類、植物や動物またはその一部/製品、切り 花、土、木材/木材製品、鳥類、昆虫
・合計金額が10,000カナダドル以上の現金または通貨代替物物(小切手、トラベラーズチェック等)
13: 現在所持している以外の物を別便で送りましたか?
14: 今後カナダで農場を訪れますか?
15: 滞在日数
16: 免税範囲を超える物品を持っていますか?
17: 署名 (パスポートと同じ署名)
18: 日付


免税範囲

免税でカナダへ持ち込みできる範囲は以下の通りです。 免税範囲を超えると税金を払うことになるため、カナダに持ち込む荷物は、免税範囲内で抑えた方が良いです。 また、免税範囲は税関申告書の説明書きのみ免税範囲について記載されているため 最終確認はそちらでましょう。

品物 数量/価格 備考
ワイン 1.5リットル 左記のいずれか。355mlの缶又はボトルのビールだと24本までOKです。
ビール 8.5リットル
その他 1.14リットル
タバコ 紙巻 200本 左記のいずれか。通常1カートンで 200本。
葉巻 50本
刻みたばこ 200グラム
ギフト 60ドル 1品につき60カナダドル