トロント掲示板 (フリー) - No.255315

掲載内容により損害を被った場合、当サイトでは一切の責任を負いません。 掲載内容の信憑性等の判断は自己責任で。 当掲示板をご利用の方は、 利用規約に同意したとみなします。 問題のある投稿を見つけた場合やご意見ご要望は、 address までご連絡を。 最近の管理内容は、管理報告をご参照ください。
トロント フリー

Community Midwives, St. Michael's Hospital, 強制帝王切開

調査中 (トロント) 2021-01-11 07:45:52

コロナで妊活を止めている者ですが、今のうちにと下調べしています。

職場の近くにCommunity Midwives of Torontoがあるのですが、英語でもあまりレビューが無く、どなたか実際に通われた方、評判を知っている方はいらっしゃいますか?

緊急時はSt. Michael's Hospitalに搬送されるようですが、この病院は帝王切開率が30%近い事に驚いています。Mount Sinaiも同じ確率です。

初産で、助産師とバースセンターで産む場合、最終的に帝王切開になる確率は10%だそうです。

参考に、日本にある私の実家近くの産婦人科を調べたところ、厚生労働省がまとめた統計で、個人経営クリニックの場合が1~3%、普通の病院で10%、ハイリスク妊婦が運びこまれる大病院で20%程度でした。

カナダで「ナチュラル思考な」助産師と産む場合と、日本の病院で普通に産む場合、どちらも10%です。しかも個人経営のクリニックでも、緊急帝王切開できる設備や、逆子矯正の外回転術ができる先生もおられます。帝王切開を横切りにして、傷が目立たないようにし、次は経腟分娩ができるようにすることも可能なようです。

カナダで出産した人に話を聞くと、自然分娩を希望し何も異常が無いのに、何度も無痛分娩や陣痛促進剤を勧められたとか、胎児の心拍が一時的に少し下がっただけで緊急帝王切開に切り替えられたと聞きます。特に、陣痛促進剤の使用は、帝王切開の確率を上げるそうです。痛み止めの薬で、胎児を眠くさせるものがあり、分娩が途中で止まることもあります。

カナダの医者は帝王切開をしたがると聞きますが、薬を勧められただけなら断ればいいし、帝王切開を強制されることは無いと思いますが、皆さん実体験はどうでしたか?同意書にサインをしなければいいだけなような気がしますが。無痛分娩が多いとは言え、医者にも「ノー」と言いそうなカナダ人女性でも、帝王切開率30%は高いですよね。

Community Midwives of Toronto, St. Michael's Hospitalの評判も教えて下さると助かります。

返信‐11 無回答 (トロント) 2021-01-11 23:02

>数年前にありましたよね、自然に拘って抗生物質ですぐに治るはずの脳炎か何かにかかった自分の子供をハーブで治そうとして死なせてしまったナチュロパス夫婦。お子さんが心配ですね。

悲しすぎる。赤ちゃんの生きる権利はどこに?ナチュラルも否定しないけど、偏った考えは何事も問題ですね。

返信‐12 無回答 (トロント) 2021-01-11 23:42

>麻酔科医がエピドゥラル入れに来てくれる保証がないから今のうちにしておきなさい。
どの病院も同じですね。私も言われました。私の場合は無痛を選んでましたが、自然に陣痛が来なかったので経験したくて、痛みが出て看護師を呼んで説明を受けてる時に自分の意思を伝えました。それで1時間だけ時間をくださいって言ったらOKでしたが、促進剤のせいか20分後にいきなりめちゃくちゃ痛くなってナースコールをしました。麻酔科医も準備してくれてたので、問題なかったですが、今となっては何故陣痛を経験したかったのか理解不能です。マタニティハイだったのでしょうか?恥ずかしい。
看護師も自分の仕事が終わったかのように安心して沢山話してくれました。その時にお腹にママはもう痛くないから安心して出て来てねって語りかけてくれたのが、印象的でした。基本的な考え方が違うんでしょうね。
体外受精で授かってるので、もうその時点でナチュラルじゃないので、帝王切開に切り替わっても気にしません。子供を見ているとどうやって産んだなんて本当にどうでもいい事だと思ってます。

返信‐13 (バンクーバー) 2021-01-12 03:23

エピドュラルなしで促進剤は異常ですよね。よくやらせてくれましたね。病院としては責任問題じゃないですか。何もなくてよかったですね。

返信‐14 無回答 (トロント) 2021-01-12 04:01

順番が逆なんですか?促進剤入れた時に効き始めてから、痛み止め入れるって説明受けました。ただ私の我儘で痛みを経験したかったので、麻酔を遅らせたんですけどね。

返信‐15 (トロント) 2021-01-12 05:56

陣痛促進剤だけだと、普通の陣痛が激痛になるので、ほとんどの場合は麻酔が必要だと聞きました。
無痛分娩に促進剤使うのは、麻酔が陣痛を弱めてしまうからで、必ずセットになって使われるので、結局帝王切開になってしまう人が多いのでは?
カナダは9割は無痛分娩を希望するらしいですね。
日本では、まだ自然分娩が普通だから、帝王切開率が低いのでは?

返信‐16 (日本) 2021-01-12 05:59

Mount Sinai で産みました。最初から無痛分娩を希望で、ファミリードクターに紹介してもらいました。トリアージュに入ってから無痛か自然で産むか助産師に聞かれましたが、なかなか麻酔医が来てくれず6時間以上陣痛に耐えました。私が分娩室にいる時に他の部屋から自然分娩で頑張ってる人の叫び声が聞こえて、これ以上痛くなるのかと不安になり精神的にきつかったのを覚えてます。麻酔をしてからは身体を休めることができ、痛みを気にせず赤ちゃんと対面できました。本当に感動的で、人生で一番幸せを感じました。

私の姉は日本で自然分娩、2日間の陣痛後、緊急帝王切開に切り替えようとしましたが間に合わず、肛門まで避け化膿し、一ヶ月後に化膿した皮膚の摘出手術をしました。姉が無痛分娩で麻酔をしていたら、帝王切開も間に合っていました。姉は産後三ヶ月ほど痛みに耐え、産後の感想はもう産みたくない、地獄でした。五年前ですが、姪はいまだに一人っ子です。

病院の帝王切開率が高いのは、ハイリスクな妊婦さんが多いからではないでしょうか。バースセンターで産んでるのは、ローリスク妊婦さんなので帝王切開率も低いと思います。無痛分娩を進めるのは何かあった時にすぐ帝王切開にできるからです。

返信‐17 (トロント) 2021-01-12 10:26

私の友人も、日本の病院で、膣内まで避けてしまったって言ってました。
すごく痛くて、産後動けなかったそうです。
でも初産だし、医師もハサミで会陰切開をしても防げなかったので、子宮口が十分に開く前に、いきんでしまったのが原因で、無痛分娩だったとしても同じだと思います。
普通は、10㎝開くまでいきまないように言われますよね。

返信‐18 (トロント) 2021-01-12 11:17

私が病院でもらったパンフレットに書いてあった自然出産の超短所の表には、以下のように書いてありました。

長所:身体の動きを制限されない、産後の回復が早い、会陰裂傷のリスクが低い、帝王切開になりにくい、赤ちゃんが出生時ちゃんと覚醒していて初乳をあげやすくよりbondingしやすい、多くの母親にとって主導権を持てることによる達成感が伴う

短所:とても痛い、母体がストレスを受けていると分娩が長引くかもしれない、ハイリスクの人の場合はオプションでさえない、より多くの心の準備が必要、途中で気が変わって無痛分娩を希望した際に遅すぎる場合がある

母親学級で、これを見て自然出産を決めたのは8人中、私を含め3人でした。あとは、「『伝統的に』無痛分娩にするわ」と言っていました。さすが初産の9割が無痛分娩だけあって、カナダでは無痛分娩の方が「伝統」なんだと驚いた覚えがあります。

返信‐19 無回答 (トロント) 2021-01-12 11:18

>普通は、10㎝開くまでいきまないように言われますよね。
子宮口が開き切ってないのにいきませることはないと思いますよ。なんでいきんでしまったの?陣痛の痛さからですか?医師や助産師は止めなかったんですか?
無痛分娩は痛みがないのでいきむタイミングは難しいですよね。子宮口が全開になって、医者が入ってくる前に看護師さんの掛け声でいきみのタイミングの練習しました。本番もモニター見ながらカウントする人がいてくれました。

返信‐20 (トロント) 2021-01-12 14:51

帝王切開の短所は、次の出産も自動的に帝王切開になってしまうことです。

横切りであれば、次回、経腟分娩できるVBACが受けれるらしいですが、カナダは縦切りでしょう?縦切りは10分で終わるから。

返信: 1112131  から表示