モントリオール掲示板 (生活) - No.250776

掲載内容により損害を被った場合、当サイトでは一切の責任を負いません。 掲載内容の信憑性等の判断は自己責任で。 当掲示板をご利用の方は、 利用規約に同意したとみなします。 問題のある投稿を見つけた場合やご意見ご要望は、 address までご連絡を。 最近の管理内容は、管理報告をご参照ください。
モントリオール 生活

子宮頸がん検診 PAP Colposcopy

sz (日本) 2019-03-14 18:24:06

非移民者です。学生ビザでモントリオールへ行く予定ですが、現地で子宮頸がん検診(細胞診やコルポスコピー)は学生保険加入で保険適用でしょうか。適用外でしょうか。細胞診は無料で行っているクリニックもありますが、もし細胞診やコルポスコピーを自費で行わなければならないとき、費用がどれくらいなのかを知りたいです。

というのも先日、日本での子宮頸がん検診で要精密検査と出てしまい、来週コルポスコピーを受ける予定です。その結果で次第で入学を見送りになるか、もひくは経過観察となるのでもし経過観察になった場合、カナダ就学中(3ヶ月、もしくは半年に一度)パップテストかコルポスコピーを受けなくてはならないのです。

こないだの診断結果は
子宮頸部細胞診所見→ASC-US擬陽性(ベセスダ判定ASC-US)
子宮頸部細胞診→Class3aでした

宜しくお願い致します。

返信‐15 (トロント) 2019-03-20 01:00

カナダは医学学生の実地研修を積極的にしてますよね。実は私も最初のLEEPを担当したのがこの医学学生の実地研修でした。
もちろん手術前に私に、「医学学生の実地研修生を立ち会わるのはが可能ですか?断ってもいいですよ」と言われたので、何かのお役にたてられるならと。と即OKの堅持しました。
普通、ドクターの横で施術を見ているだけだろうな、と思うじゃないですか。

ところが手術全般をしたのはその実習生でドクターが横で見ていたことが後からわかりました。
私は横になって目をつぶっていたので誰がしているか見えなかったんです。

一回目の当然手術したにもかかわらずその後の定期PAPでは結果は最悪。またひっかかり、LEEPしたにもかかわらず、また2度目の再度LEEPをする羽目になりました。

2回目の手術の時に私の担当のナースが良い人で、
「あなたまた手術なの?この間手術してたよね。」と言いながら一回目のデーターをチェック。
「一回目の施術担当名が生徒のサインになってる。だからね。
ここのドクターは普通、一回で全部取り切るドクターなのにおかしいと思った。
もしこんど「医学学生の実地研修生を立ち会わるのはが可能ですか?」って聞かれたら、断んなさいよ。私がこういったことは内緒よ。」って言ってくれたんです。

私も一回目の手術のデーターに手術した人のサインの名前を見てが生徒になっていたのでわかったのでした。

悪いところが取り切れていな買った上に傷つけられたのか、中途半端な状態になっており、最悪の結果でした。
2回目のLEEpの時に取った悪い部分の細胞を見せてもらいました。ラボに送る用のケースにいれられたその肉片はなにか腫瘍のようなものが思った以上に多くて震えました。癌にはなっていなかったのが幸いでした。

ちなみに2回目の手術の直前にも「医学学生の実地研修生を立ち会わるのはが可能ですか?」と言われたので、即、NO とお断りしました。

コルポスくらいならいいかもしれませんが、手術は研修生の立ち合いは。。。。。。
ドクターと実習生では経験値が違うのでそういうケースもあるということで私の経験のお話でした。

返信‐16 sz (日本) 2019-03-20 12:23

あ(トロント)様

コメントありがとうございます。
LEEPを実習生が…それは確かに怖いですね。。先生の元とは言え、最悪命に関わることですからね。。

今回の経験談を拝見し、コルポスコピーも実習生で大丈夫かな、という感じもしてきてしまいました(・・;)

いずれにせよ当方年齢が年齢なのでカナダでの定期検診は必須となるので、パップ、コルポ、実習生、先生、よく考えて行っていこうと思いました。(先生、実習生、交互にしても良いのかな、という気もしました)そもそもこちらが毎回選べるような環境があるのかは謎ですが…

この掲示板は結構パップやコルポスコピーを受けた方が見ていらっしゃるのですね。とても驚いております。先日コルポ診(という名のHPV検査だった)に行ったときも結構コルポで来ている患者さんがおり、数年前から経過観察で怯えている友人にその旨を話したところ「そんなにたくさんの患者さんがいると自分だけじゃないって勇気付けられる」と言われ、わたしも正にここで同じような気持ちになっています。

カナダではメディカルカードがポスグラ取得するまで申請出来ないので金額の面では日本のようには行かず心配ではありますが、一人ぼっちの渡航で誰にも相談出来ず
やみくもに医者にあたるよりも皆様からの体験談を元に決めていけるので大変感謝しています。

本当にありがとうございます。

返信‐17 (トロント) 2019-03-21 01:11

半年に一回のPAPもすぐ来るし、やっぱり嫌なものには変わらないし、経過観察しながらPAPしながらコルポスしながら頭の隅にいつか癌に変わったらどうしようとか毎日毎日何か月も何年もおびえる日々ってほんとストレスですしかえって手間でよし悪しですよね。

私の場合は結果が悪かったので手術することになってしまったわけですが、今思えばいつなるかもわからない前がん状態を保持しながら定期的に検査し続けていたときより、
サクッと手術したほうがその後、ずっと精神的にも楽になりました。

手術も簡単な分類のほうだし、手術終わったら経過がよければ一年に一回のPAPだけででいいし。もう悪いところはとっているんだから。その後ワクチン打てばなお安心だし。
ほんと結果がそんなに悪くない、でもよくもないっていうのもよし悪しですよね。

返信‐18 sz (日本) 2019-03-21 01:48

あ(トロント)様

>良し悪し
ほんと、そう思います…。中途半端が何気にストレスですね。。この検査結果を知識不足の知人に話すの「ガンなのか?!」と驚かれたりしますし…(職場の人や友人にかなり心配されました)
お願いだから奇跡的にHPV陰性って結果出ないかな、なんて少しだけ期待しつつ次の診察待ちです。

これに加え、当方乳がん検診でも月一度は自主診断(そんなこと言ってもよくわからないよ、という感じなのですが…)してください、と結果が出ており、40歳〜は子宮体がんも考慮に入れつつ検査もしようとしているので、高齢の留学は健康面でリスクあるな、とまだ渡航前から学んでおります。。



返信‐19 (トロント) 2019-03-22 00:34

ちゃんと検査してるだけえらいですよ。
若くても高齢でも検査しない人の多いこと!
婦人科系の検査ってあの恥ずかしい体勢をしないといけないので行きたがらない人が多いのでだから気が付けば手遅れになってしまう人が多いんですよね。
日本は内部被ばくの影響もも多かれ少なかれあるかもしれないし。自分の体を守れるのは自分だけ。備えあれば憂いなしですしね。

返信‐20 sz (日本) 2019-03-25 15:46

今日HPV検査の結果が出ました。

なんと陰性。奇跡です。

カナダに到着後すぐワクチン打とうと思います。また普段から免疫力を下げないようにしたり、ヨクイニンサプリを取ったりと自分で出来ることはやろうと思います。

ここで様々な体験談や情報をくださった方々、本当にありがとうございます。引き続き定期検診は怠らず行っていきたいと思います。

本当にありがとうございます。

返信‐21 (トロント) 2019-03-28 00:23

すごいですね。よかったですね!
ワクチン注射の際は打つ前に、まずファミリードクターからの処方箋が必要ですが、もしファミリードクターがみつからなくても最寄のウォークインクリニックのドクターに事情を伝えたらワクチンの処方箋書いてくれると思います。
念のため、日本の病院で検査を受けた際の書類、HPVの結果の書類などがあればそれも持参してドクターに見せたほうが確実に処方箋かいてくれると思います。

ワクチンは3クール必要なので注射代x3回分の処方箋を一枚にまとめて書いてくれるかと思います。
この注射はカナダ国民でも大人になって打つ場合は保険がきかないのでワクチン代はあなたもカナダ国金(移民権保持者)でも同じです。

女性は体の免疫力が37歳あたりからぐっと下がるので、それまで結果に異常がなく、その後も性交などしなくても、38歳位から急に陽性に変わることがあります。
加齢ととに自己免疫力が落ちるので悪いウイルスをそれまでは自己免疫で処理できていたのができなくなり負けてしまうのが理由です。私がそうでした。

ですので少しでも若いうちに早く打ったほうがいいでしょうね。
では健やかなカナダライフを(*'▽')

返信‐22 sz (日本) 2019-03-29 05:23

あ(トロント)様

お返事&いつもありがとうございますm(_ _)m

はい。日本での書類を持って事情を話し、処方箋をもらってなるべく早く打ちたいと思います。

2012-2016にバンクーバーで数回行っていたパップの異状なし診断書を破棄してしまい、異状なしの書類は先日の日本語のみのものしか所持しないのでもしかしたらモントリオールでもう一度パップを受けろと言われるかもしれませんが、今回のような心労は懲り懲りですので言う事聞きたいと思います(^_^;)

実は今回子宮頸がん細胞診の前、当方インフルエンザAにかかり完治した途端、休み返上して激務していたのもありまして、疲れと免疫力が下がっていたところに会社の健康診断とパップが入ったのでそういった事もこのような結果に繋がっていたのかなと勝手に思ってます。学校開始2週間前に現地に着くので体調を整えてからクリニックに出向きます!

ありがとうございます:)

返信‐23 (トロント) 2019-03-29 09:49

先日の日本語の異常なしの検査結果書類を日本の翻訳会社に翻訳依頼して、手元に持っていてもいいかもしれませんね。
それだとまたカナダであのいやなPAPをしなくてもすむかもしれませんね。
せっかく最新の検査結果を手元にお持ちなのだから。

病院の診察結果などを翻訳してくれる例えばこんな翻訳会社もありますよ。
https://www.translators.jp/certificate/kenko/

今は翻訳会社も探せばいくらでも安いところもありますし。

ちなみに私の場合は、日本を発つ前に検査した日本の産婦人科医に、私が
「カナダに着いたらドクターに私の今後の治療について英語でなんていったらいいんですか?」って尋ねたら、日本語の検査結果の脇に、さらさらっと一筆英語でカナダのドクターにすんなり伝わり次の処置につながるように「今の彼女の状況はこうで、今後このような流れが必要かと思う、」というようなことを書いてくれて、(ちなみにドイツ語でも念のために書いてくれて)サインもしてくれました。
たまたまスマートでいい先生だったのだと思いますがおかげでカナダのドクターにすんなり伝わり処置できました。
トピ主さん。スムーズにいくといいですね!

返信‐24 sz (日本) 2019-03-29 22:22

あ(トロント)様

なるほど。
そうですね、念の為わたしも翻訳したものも持っていこうと思います。

ありがとうございます!!

返信: 11121  から表示