カナダ掲示板 (フリー) - No.248334

掲載内容により損害を被った場合、当サイトでは一切の責任を負いません。 掲載内容の信憑性等の判断は自己責任で。 当掲示板をご利用の方は、 利用規約に同意したとみなします。 問題のある投稿を見つけた場合やご意見ご要望は、 address までご連絡を。 最近の管理内容は、管理報告をご参照ください。
カナダ全般 フリー

「 ノーベル賞 」 と 「 黄金の国 」

M.M (バンクーバー) 2018-04-26 05:55:45



     「 ノーベル賞 」 と 「 黄金の国 」

  「 Film Love is Over 」

早川書房社より 「刊行への一歩」のお知らせがありました。
カズオイシグロ氏を、あの世界の舞台に広めた企業です。

あなたも日本人ならば、恵まれた同じ環境と思いますが!


    「日本は黄金の国 」

何所を掘っても、ザクザクと黄金が埋蔵されていると信じています。 ※大切にしたいものです。
私も「 日本の文化を掘り下げ、その作品の底に日本的な感性に光をと~感じて居ります。
イシグロ氏は作家になったのは、自分の記憶の中の日本を、消える前に書いて保存するためだった」と!
日本にルーツを持つ作家への関心は、彼の母親の目を通して又、 頭の中に日本という国をつくりながら育った。と!

私にも祖国日本、遠い故郷への思いが詰まっていると思います。
「貴方も~」! ※正に、私は現代の浦島太郎ですが!

分断の時代の今、人類がともに力を合わせる時代だと感じて居りますが、日本の危機を壊滅するまで!


   日本の「 若い層に 」

「 テーマー 」 として取り上げたいもの!

日本民族の味 「日本文学のイメージをよりモダンで垢抜けたもに、可能ならば、それを Romance, action でつずって見たい。
そこには当然モダンな人物、モダンな内容、日本の若者を引き付けるもの、世界の明日を見越した作品をと~!
( 賢明な女性、モダンな女性、こころ豊かな女性とは ) 個性的で洞察や時代を読むヒントになる作品をも目指したい!

※大脳生理学的に述べて「 女性の知というのは、」 「情緒がわかる」ということ 「 知 」なのです。
 数千年を経てこの小さな島国に築き上げてきた、日本民族の歴史、すなはち 「 文化 」に集約された、それこそが和の精神です。
 ( 日本人の遺伝子は「 1万年続いた縄文時代 」より養われた来た、優れた豊かさが根底にある。


Ⅰ 真に女性の愛とは( 女ごころ )とはどの様なものか!日本民族に見られる「 和の精神 」とは、そこから情緒が湧き出ている 」

原点 『 農耕民族 』 天災、人災、飢餓、人間関係等から家族を守る知恵。「 絆、同胞 」

日本文学「 式部紫 」 (★ 一千年前に、数百名の人物と、52巻のロマンス創作)
超人空海、日本の宗教界★一千年前国際都市、シナに渡り 「超人空海、恵果から、インドー教をマスター」
禅  ( 派 )、茶道 (作法、流派)、
武士道(侍精神)能 ( 流派 )歌舞伎 ( 流派 )、職人肌の魂
食いだおれ 「 大阪 」 ( 料理 )、着だおれ 「 京都 」 ( 着物、織物、帯など)


 
           「 北米から見る日本 」


Ⅱ   「 素晴らしき教育 」 日本の情緒とカナダの土壌

       
   著者の思い出 「 子供達の記録 」 CANADA

 彼らは家を出る度に、盛り沢山な発見に出くわす、それらへの好奇心を糧に、さらなる興味へと前進する、次第に時には強力な「何かに駆り立てられる」 そう常ずね感じて居りました。(著者)

a  幼稚園児の時、長男は運動会のその夕、家内が私に継げた話では、家の子は約10種類の競争、走り、飛び、ピンポン球をラケット上の運びで、殆ど全て1番であったと私に話した。
エピソード;幼い頃、昼間から居間のソファーを占領し、大きく新聞2面を広げ目を通していた。訪ねて見るとホッキーの記事を読んでいると応えた!
そう言えば、我が家では、カナダの国技であるホッキーの話など、すことはない、皆無である。その時小学2~3年生でした。(家では日本語)。 ( このストーリは全て事実にそう )

「僅か数年で」
b その内長男は学生委員会(6年生)の選挙で、初代学生会長に選ばれました。英語を学びだして、数年でカナダでの言語、歴史、慣習、生活を含む、文化に近付つつ。
  ※ (ですが次男がその事を母親に告げるまで、本人から会長に選ばれた事を、我々両親には伝えていませんでした。

c 次男も同じく選ばれる。この山の手(生徒数約400名、我が子3名以外は白人系、2世、3世)校長先生、イギリスからのウイリアムご夫妻。

d その折り3男が私に告げるには,自分は上の兄弟の様に会長になる事に興味はないと私に継げた)(理由は私は聞かず、それも良い考えだろうと気にしていませんでした)

e 次男の成績が中学1年生の頃、全クラスを通じてオーナ、ロール、クラスに選ばれ、Top2番目に入る「全く家で勉強を教える訳でも無く、何も他に習わせていませんでした」
 ※  成績も、又宿題はと! 一際訪ねたことも有りません。兄弟3人なので放任にして居りました。

f その内、3人とも友達がしているので自身から新聞配達を始める。夏季にはビーチのコンセーションで、3人共アルバイトを始め、大学に入ればそれぞれが家庭教師で収入を得ていた。

g 特長;当時人気のスポーツであるサーカークラブに3人共いれる。(ユニホームの費用が安い)クラブ約1万名(各学年1千名中、選抜Top、17名の内にそれぞれ3人共選ばれる)
  夏期の地方(トーナーメント、ケローナー大会)の遠征(トッープ、テイーム)では、週末だけで4回戦の勝ち抜き戦が行われる)我々はこのトーナーメントで3人で合計12試合を見た事になる)

h 長男は大学入試経験の折り、卒業を前に突然コーチから薦められ( 未経験 )放課後近代十種(州大会)も初めていた。( 他の者は長年全員クラブに属し経験がある )
 (陸上競技、州最終大会で800メートルハードルに出場(厳しい中距離)練習皆無で優勝を果たす。 実況中T.Vの司会者も彼の名前が出てこない(記録なし)有様だった。
i バスケット州最終トーナメントの折り、毎晩の様にトーナメントの試合が有り時には校長、副校長先生も我々2人の周りに席を取り応援して下さっていた。
 エピソード;時には「今日のベスト、プレーヤー」として選ばれる。サーカーの試合でも、一年を通じテイーム総得点の半分以上は彼ら一人で点数を入れていた。
 追加;走り高跳びでも185cmを跳び優勝(練習無しに等しい)高校生として日本歴代上位の記録に近い)

j 卒業式の折り、3都市総数25校中で、スカラーシープを贈られ、オーバーオーの成績でTopに選ばれる。地方新聞にも記事にされた。
 その撮影会に望み、自身で決め、テイーシャツに『 Just do it yourself 』とプリントしていたそうです。
 この時点で彼自身、この種(勉学、体力、芸術など総合的)競争に対する自信が伺える!
 学友と「 Ninjya 」のグループ結制。

k 後ほど、ここBC州の大学を経て本人の意思でスカラシップーを受け、ニュ-ヨーク州に出て、大学院でマスター号を得る。弟達もマスターを目指す。
 (一人)ニュ-ヨーク州に出て、その時点で;全て自身で考え、判断し、自身で行動に移す。もし、ミスを犯しても、全て自身で解決しなくてはならない?その事も自覚が出来ていた様に思う。
 
ただ、ただ親として、無理のない、ごく自然な立場で後方から子供達を見守って来た、とその思いでした。
特筆; ※ なぜ、成績が安定しているか! 家庭内で子供に不安が少ない。
 「カナダ; 殆どの子供に不安が! 家庭内、離婚、その他。

返信‐1 (トロント) 2018-04-26 06:07

誰か3行にまとめてくれ

返信‐2 M.M (バンクーバー) 2018-04-26 07:01

L O V E  I S O V E R  - 欧 陽 菲 菲

ちゅ、ちゅ、ちゅ。


「ん… たつや、どうしたの?」


「ちはるの水着姿見てたら我慢できなくなった。」


そうやって少し恥ずかしそうに笑うたつやがかわいい。


さらにどんどんキスをされて、だんだん深いキスに変わっていく。


「…んっ、、はぁっ、、たつや・・・」


「ちはる、エッチな顔になってきたね」


「そんなことないもん…」


そう言いながらもキスだけで濡れてきているのがわかった。


私も海で遊んでいたときから、水着姿のほぼ裸のたつやとくっついていて、少しだけ興奮していたのだ。


彼の手が水着の下にある胸の先端を触る。


「もうココ硬くなってるよ?まだキスしただけなのにね?」


「…」


たつやの指が私の乳首を弄ぶ。


つまむように刺激されると声を我慢できない。


「…ぁっ、ダメ…」


「ダメじゃないでしょ?」


そのままたつやの手が下に下がっていき、水着の上から敏感なところをかすめる。


「…っ!!」


なんども触れるか触れないかというタッチで焦らされる。


自分でもどんどん濡れてきているのがわかる。


「…たつや、お願い… 中触って?」


「よく言えました。」


そう言うとたつやの手が水着の中に入ってくる。


「あーあ、もうこんなにヌルヌルだね。ちはるは本当にえっちだね。」


「…たつやがいじわるするからだもん…」


焦らされて敏感になったクリをいじめるようにくるくると触られる。


「あっ…それ、いいっ…」


「ここが気持ちいの?かわいいね。もっとさわってあげるね。」


そして次は押しつぶすようにクリを触られる。


「はぁっ、、たつや・・・」


もう足の力が入らない。たつやに支えられてかろうじて立てている。

返信‐3 (バンクーバー) 2018-04-28 22:13


Up

返信‐4 (トロント) 2018-05-06 21:05


UP