カナダ掲示板 (フリー) - No.247687

掲載内容により損害を被った場合、当サイトでは一切の責任を負いません。 掲載内容の信憑性等の判断は自己責任で。 当掲示板をご利用の方は、 利用規約に同意したとみなします。 問題のある投稿を見つけた場合やご意見ご要望は、 address までご連絡を。 最近の管理内容は、管理報告をご参照ください。
カナダ全般 フリー

女ごころ

M.M (バンクーバー) 2018-01-28 13:19:59



      『 二人の出合い 」( 幼稚園~中学時代 )


「 彼女の胸の内 」

「 愛は何時しか過ぎ去っていた、だが、もしかして、幼い二人の瞼に妬きついた淡い愛の炎は、30数年後の今も、消え去る事はないであろうと、今一度彼自身そう尋ねてみた。


   『 日本の女ごころ、と感性 』

女性は、ある意味においては男性に一番近いと言われている生物ですが、他の意味で、ずいぶんそうでないないらしい。
調べて見ると調べるほど、男性と女性はちがう。 ひじょうにちがっところがある生物らしい。

一口にいって、男性は知から情へ動くのです。
ところが、女性は情から知へ動く。
動くと言うのは、意志がその向きに動く、ということ!

大脳生理学的に述べて。
女性の知というのは、「情緒がわかる」ということ 「 知 」なのです。
男性のは、形に現れない!

女性は,花でいうならば、そのいろとりどりで、あって「 色香も深き紅梅の」というのが女性で、これが情緒です。


★心の奥深くまかれた、感情の種は、それが芽になり成長すると、その植物、つまり感情樹が、だいたいその人の『 一生を決めてしまう 』。

 恋心にも★そこには『 女のこころ 』があり、どう表すかを忍ばせている。~♪



   「 日本女性の特長 」 ※ この時期は重要。

女性の場合、それが情緒となる!
(非常に感銘深い)だから、なおいっそう賢明な人ほど『 きつい 』ものになる~?


  男性と女性で非常にちがっていることがある。

童心の時代の遊びである。
男子は乗り物のおもちゃだとか,棒きれとかが好き、~お山の大将タイプに!

だんだん激しくなり、この繰り返しの時期に男子、女性の遊びがちがってくる。

女の子はお人形とか好き。

そしてその時は、空想の世界に十分にひたる。


※ 男性は運動に身をまかせ(勝つ!) (女性は空想の世界にひたる)。

驚異的な面で、6才ごろから情緒的には、初めから全て知っている!
(~知らないのは、体験的に知らないだけなのです)。

   恋心にも、★そこには『 女の心 』があり、どう表すかを、忍ばせている。

           ※「恋心、現代風、愛」



  『 二人の出合い 」( 幼稚園~中学時代 )

『 女心とその思考 』

   男子恒例の相撲勝抜き戦 (例)

1少年が連続で15人、最後まで勝抜いた稀な物語、それを1部の少女達は遠くから目にしていた。
その時の激しい動物の様な動きの男子相撲の状況は、1人の少女の脳裏に、何かが、次第に膨れあがって行ったかに!
その時の衝撃は、偶然にも、少女自身の過去のピンチの折りの、記憶に結び着く。
彼女の前に「 仁王立ち 」の少年と、その時の熱い思い出と重なる。(少年、器械体操部に3年所属 )
その出来事は少女にとり、次第に暖かい思い出と変化し、その年の卒業式にも、県知事賞総代に輝いた、2人りの少年と少女に、晴れて式の総代に輝いた。
教室に帰り、何時しか我の案で二人はそのメダルを交換して胸にかけていた。
それらの出来事は、次第に強い少年像として、彼女の内に、次第に膨れあがるかの様だった。
そう言えば、小学生の頃の朝昼のドージボウル投げ合い、複数の生徒達に囲まれ、1人り立ち向かう少年の印象が、今、彼女の脳裏に鮮明に浮んでいた。


だが、やがて2人は高校進学を目指し、少女は女子商業高校に、少年も男子工業高校にと、それぞれが学窓を離れて行く時が来た。


    最終列車と怪童の噂 (例) 

その日も、彼は何時もながら部活からの帰り道だった。今日は何時もより遅く、疲れと空腹で、今は駅のベンチで、しばし深く眠入っていた。

突然若い声に、漸く我に返り、寝入ていた自分に気付いた。
その声は、今、最終列車が出る所ろだと、彼に告げていた。( 再開、小中学と幼馴染の2人 )
今は引いていた彼女の手を、少年は逆に彼女の持つ重そうな鞄を取り上げ、逆に彼女の右腕を力強く掴んでいた。
スピードを増し、流れるかの列車の後を2人は追い、飛絶つ様にその場を後にした。

その時の最終列車の2人の思い出は、偶然にも、数年前、彼女達3人娘の1人りから直接聞いた話と、重なるかの様だった。
3人娘の1人りの、新築工事上棟式の話で、大勢の大人達に混じり、1人り少年が、まるで動物の様な早業を見せ、街の話題となった。
その事は、次第に近所の怪童と言う噂となり、少年としては「強靭な身体と、軽業に通じる大胆な発想は、街でも語られた。
あの時の駅のベンチでの、動物の様な少年のリアクションと、まるで、彼女を吊り上げた時の、彼の腕力の記憶は、その女生徒にとり、又しても、新たな衝撃だった。

その後2人の思い出は、国民体育大会と、そして全国選手権など、と活躍に続く。( 少女はソフトボール部に、少年は器械体操部に )。
やがて二人は大学に進み、彼女は、専攻でスポーツサイエンスに進み、彼も専門の建築士を更に北米カナダに渡り本場の輸入住宅を目指す。
それぞれが今又、幼稚園の同窓から、北米と、日本とバラバラの人生を歩む時が来た。
        
 
    ※『 Film ,Love is Over 』 



   【 国民体育大会】 草薙競技場 静岡県大会 
       (午前中、全国選抜、デモーン、ストレション

  今上天皇陛下御臨席上 演技披露 「若き皇太子の折り」~ 思い出深い時 ~。

返信‐1 MM (バンクーバー) 2018-01-28 14:36

「おっと、ちゃんとお酌してよ」
「そうだよミドリちゃん」
「もっとサービスしなきゃ」
「ちょ、や、お触り禁止です!」


浴衣姿は無防備だ。
酒の入ったファンが私の肩を抱こうとするから、持っていた熱燗から、お酒がこぼれた。


「あっつ!」
「ご、ごめんなさい……」


タカシの手にお酒がかかってしまった。
謝って、おしぼりで拭こうとしたら、その手を口元へ押し付けられた。


「!?」
「あーあ、舐めてほしいなあー」


タカシだけじゃない。周りのファンも、にやにやと笑っている。
マネージャーを探したけど、どこにもいない。
早くしろとせっつかれて、仕方なく、私は舌を出した。
舐めてしまえば終わる。そう思ったからだ。


「ミドリちゃんの舌気持ちいいなあー!ほらあまだ濡れてるよ?しゃぶらないと」
「お酒美味しい?アイドルでしょ、ほら笑って」


誰にやられたかは分からない。持っていた熱燗をひっくり返されて、全部舐めさせられることになった。
日本酒に弱い私はすっかり酔っ払って、力の入らない身体をまさぐられても、抵抗もできなくなってしまっていた。


「ミドリちゃんのマシュマロおっぱい、揉みたかったんだあ」
「俺も俺も」
「あ、あんん……ダメですよぉ……!お触り禁止です……ってば、で、出禁に、なっちゃ……ああっ……」


浴衣の襟元から、裾から、入り込んでくる手。
乳房を片方ずつ違う手に揉まれるなんて初めてで、拒否する声が甘く濡れる。


誰かがブラのホックを外した。重たげに溢れる胸。すかさず捕らえられた乳首は、引っ張られたり転がされたり擦られたりして、ぷくりと尖ってしまう。


「感度最高じゃん!申し込んで良かったあ!」
「ミドリちゃんの乳首、コリコリになってるよ」
「よーし、俺舐めちゃおっかなー」
「見して見して!」


辛うじて身体を包んでいた浴衣が肌蹴させられる。
いつもは最低でも水着で隠れている身体が、ファンの前であらわになった。
顔がかあっと熱い。恥ずかしいと思うほど、心臓が高鳴る。

「美味そう、いただきまぁす」
「っ、ひぁ、……!」


ドッと笑い声が上がった。
私の乳首を食べ物に見立てて、ファンがお箸で摘んだからだ。
シャッター音が聞こえる。撮らないでって言おうとした口に、お酒が直接注がれた。


ちゅっ、ちゅっ。ちゅぱちゅぱ。
箸で摘まれたままの乳首が舐められて、吸われている。
もう片方の胸はタカシに乳房を揉みしだかれて、ゆさゆさと揺さぶられている。


「っ……タカシくん……どうして……あっ……」
「どうして?ミドリちゃん推しなんだから、触りたいの当たり前でしょ」


「やっ、やぁあん……!」


突然、ショーツの中に冷たい塊が放り込まれた。
氷だ。シルクの薄い布を膨らませたそれは、熱でみるみる溶けていく。


「ミドリちゃんびしょびしょだよ」
「氷は可哀想だろ、出してあげなきゃ」


白々しい声。また笑い声。
太い指が脚の付け根を辿り、ショーツを押しのけて入ってくる。
さすがに悪寒を感じて、身体を捩って逃げようとするけれど、男4人の力にはとても勝てない。
既に小さな塊になってしまった氷を探すフリをしている指が、ぬるぬるぐちゃぐちゃと陰部を往復した。
充血し膨れ上がったクリトリスを知らん振りして擦ってくるから、腰がくねってしまう。


「ひぁ、ああん、あっ……やぁぁ……!あ、あぁん……っ」
「やらしい声。ミドリちゃん、もっと鳴ーいて!」


ここはお酒の席。私はお金を払ってこの旅行に来てくれているファンに、精一杯のサービスをしなきゃならない。
あられもなく肌蹴た浴衣姿のまま、男の手で足首を捕まれ、脚を開かされて。
びしょびしょに濡れたショーツの中を、悪戯してくる指が蠢いていて。


―――何か、固いものが押し付けられた。
カチリ。乾いた音と同時に灯る、鮮やかな緑色の光。
ペンライトだった。ライブでいつも、ファンが振ってくれている。


「ほら、ミドリちゃんカラーだよ。これがいっぱい欲しいんでしょ?」
「そ、そんな太いの……っ……、入らな、……入らないよぉ!」
「嘘つき。入っちゃってるよ。ほらあ」


ペンライトの先っぽが、ショーツの中に潜り込んでくる。
嫌がる台詞とは裏腹なほどに濡れたそこに宛がわれて、ゆっくりと中に入ってくる。
男のペニスと変わらない質量。大人の玩具って、こういう感じなんだろうな。


「半分も入っちゃった。あーもう我慢できねえ」
「ミドリちゃん、ほら、俺の勃起しちゃった。おっぱいで握手してよ」


だらりと下げていた手を取られ、熱い塊に触らされた。
顔を向けてみると、それはタカシの性器だった。
浴衣の下に着ていたはずの下着もとっくに脱ぎ捨ててしまっていて、その辺に散らかっている。


アルコールと快感で、もう何がなんだか分からない。

返信‐2 Tokumei (日本) 2018-01-28 22:51


 いい加減にしろ  <===在日 : バカの巧妙な荒し