バンクーバー掲示板 (フリー) - No.247648

掲載内容により損害を被った場合、当サイトでは一切の責任を負いません。 掲載内容の信憑性等の判断は自己責任で。 当掲示板をご利用の方は、 利用規約に同意したとみなします。 問題のある投稿を見つけた場合やご意見ご要望は、 address までご連絡を。 最近の管理内容は、管理報告をご参照ください。
バンクーバー フリー

女ごころ ~♪

M.M (バンクーバー) 2018-01-23 13:50:39



     『 二人の出合い 」( 幼稚園~中学時代 )


「 彼女の胸の内 」

「 愛は何時しか過ぎ去っていた、だが、もしかして、幼い二人の瞼に妬きついた淡い愛の炎は、30数年後の今も消え去る事はないであろうと、彼は今一度彼自身そう尋ねてみた。


   『 日本の女ごころ、と感性 』

女性は、ある意味においては男性に一番近いと言われている生物ですが、他の意味で、ずいぶんそうでないないらしい。
調べて見ると調べるほど、男性と女性はちがう。 ひじょうにちがっところがある生物らしい。

一口にいって、男性は知から情へ動くのです。
ところが、女性は情から知へ動く。
動くと言うのは、意志がその向きに動く、ということ!

大脳生理学的に述べて。
女性の知というのは、「情緒がわかる」ということ 「 知 」なのです。
男性のは、形に現れない!

女性は,花でいうならば、そのいろとりどりで、あって「 色香も深き紅梅の」というのが女性で、これが情緒です。

★心の奥深くまかれた、感情の種は、それが芽になり成長すると、その植物、つまり感情樹が、だいたいその人の『 一生を決めてしまう 』。

    恋心にも、★そこには『 女のこころ 』があり、どう表すかを、忍ばせている。 ~♪



   「 日本女性の特長 」 ※ この時期は重要。

女性の場合、それが情緒となる!(非常に感銘深い)だから、なおいっそう賢明な人ほど『 きつい 』 ものになる~?


男性と女性で非常にちがっていることがある。

童心の時代の遊びである。
男子は乗り物のおもちゃだとか,棒きれとかが好き、~お山の大将タイプに!

だんだん激しくなり、この繰り返しの時期に男子、女性の遊びがちがってくる。

女の子はお人形とか好き。

そしてその時は、空想の世界に十分にひたる。


※ 男性は運動に身をまかせ(勝つ!) (女性は空想の世界にひたる)。

驚異的な面で、6才ごろから情緒的には、初めから全て知っている。
(~知らないのは、体験的に知らないだけなのです)。

恋心にも、★そこには『 女の心 』があり、どう表すかを、忍ばせている。

※「恋心、現代風、愛」



  『 二人の出合い 」( 幼稚園~中学時代 )

『 女心とその思考 』

   男子恒例の相撲勝抜き戦 (例)

1少年が連続で15人、最後まで勝抜いた稀な物語、それを1部の少女達は遠くから目にしていた。
その時の激しい動物の様な動きの男子相撲の状況は、1人の少女の脳裏に、何かが、次第に膨れあがって行ったかに!
その時の衝撃は、偶然にも、少女自身の過去のピンチの折りの、記憶に結び着く。
彼女の前に「 仁王立ち 」の少年と、その時の熱い思い出と重なる。(少年、器械体操部に3年所属 )
その出来事は少女にとり、次第に暖かい思い出と変化し、その年の卒業式にも、県知事賞総代に輝いた、2人りの少年と少女に、晴れて式の総代に輝いた。
教室に帰り、何時しか我の案で二人はそのメダルを交換して胸にかけていた。
それらの出来事は、次第に強い少年像として、彼女の内に、次第に膨れあがるかの様だった。
そう言えば、小学生の頃の朝昼のドージボウル投げ合い、複数の生徒達に囲まれ、1人り立ち向かう少年の印象が、今、彼女の脳裏に鮮明に浮んでいた。


だが、やがて2人は高校進学を目指し、少女は女子商業高校に、少年も男子工業高校にと、それぞれが学窓を離れて行く時が来た。

    最終列車と怪童の噂 (例) 

その日も、彼は何時もながら部活からの帰り道だった。今日は何時もより遅く、疲れと空腹で、今は駅のベンチで、しばし深く眠入っていた。

突然若い声に、漸く我に返り、寝入ていた自分に気付いた。
その声は、今、最終列車が出る所ろだと、彼に告げていた。( 再開、小中学と幼馴染の2人 )
今は引いていた彼女の手を、少年は逆に彼女の持つ重そうな鞄を取り上げ、逆に彼女の右腕を力強く掴んでいた。
スピードを増し、流れるかの列車の後を2人は追い、飛絶つ様にその場を後にした。

その時の最終列車の2人の思い出は、偶然にも、数年前、彼女達3人娘の1人りから直接聞いた話と、重なるかの様だった。
3人娘の1人りの、新築工事上棟式の話で、大勢の大人達に混じり、1人り少年が、まるで動物の様な早業を見せ、街の話題となった。
その事は、次第に近所の怪童と言う噂となり、少年としては「強靭な身体と、軽業に通じる大胆な発想は、街でも語られた。
あの時の駅のベンチでの、動物の様な少年のリアクションと、まるで、彼女を吊り上げた時の、彼の腕力の記憶は、その女生徒にとり、又しても、新たな衝撃だった。

その後2人の思い出は、国民体育大会と、そして全国選手権など、と活躍に続く。( 少女はソフトボール部に、少年は器械体操部に )。
やがて二人は大学に進み、彼女は、専攻でスポーツサイエンスに進み、彼も専門の建築士を更に北米カナダに渡り本場の輸入住宅を目指す。
それぞれが今又、幼稚園の同窓から、北米と、日本とバラバラの人生を歩む時が来た。
        
『 Film ,Love is Over 』 



   【 国民体育大会】 草薙競技場 静岡県大会 
        (午前中、全国選抜、デモーン、ストレション

   今上天皇陛下御臨席上 (御一人) 演技披露 「若き皇太子の折り」 
     ~思い出深い時 

返信‐1 MM (バンクーバー) 2018-01-23 19:41

妹と混浴、そして水着のドスケベ奉仕

 湯船に浸かると、全ての疲れが一緒にお湯の中に溶けて行くような感覚がする。頃合いを見て、俺は声を上げる.
「恵、そろそろ入れよ」
「は、はい」
 無視する分けには行かないだろう。妹はおずおずと脱衣所に現れた。妹の線の細いくびれたシルエットが風呂場から見える。

「身体洗ってくれよ」
「あ、はい」
 服を脱いでいるのがここからでも分かる。妹の裸を想像して、俺のペニスは固さを増す。 
「おい、まだか?」
 慌てて急かす俺。服を脱ぐだけにしては掛かり過ぎだ。そして、ガラガラと風呂場へ現れる妹の姿を見て、俺は期待を裏切られた。

「おい、どういうことだ」
「どういうって、だって」
 恵はスクール水着を着ている。恐らくは学校の物だろう。今時珍しい紺色だ。
 てっきり、恵の発育しきった肉体と玉の肌を拝めるものと思っていたのに、これはあまりにも酷い。水着越しでも分かる胸の膨らみが扇情的だ。

「身体洗ってくれよ」
「う、うん」
 俺はプラスチックの椅子に座り、妹に背を向ける。後ろで、妹は石鹸を着けたタオルを良く絞り、それで洗い始める。

 タオルの上から感じる妹の手の感触が堪らない。そして、背中に胸が当たっている、何とも柔らかな心地よさ。水着さえ無ければ、もっと分かるのだろう。

「お兄ちゃん。気持ち良い?」
「ああ、最高だ」
 気持ち良いのは、背中に当たる柔らかな胸肉だった。
「次は前を洗ってくれ」
「ま、前・・・・」
 戸惑う妹が可愛くて、もっと苛めたくなる。男のペニスを間近で見たことなど無いのだろう。俺の正面に来るなり、顔を真っ赤にしていた。

「じゃあ、その洗いますね」
 妹はタオルで俺のペニスを押し付けるように擦った。ペニスがグニャリと曲がる。
「おい、そこは手で洗うんだよ」
 そう言って、妹のタオルを持っている手を掴んだ。
 妹は思わずタオルを落とすと、俺はそのまま、石鹸塗れの、小さな白い手を、股間に誘導した。
「い、嫌、待って、お兄ちゃん」
「手で洗わないと、ちゃんと洗わないとばい菌が入るんだよ」

 力任せに妹の手を引っ張り、竿を握らせる。瞬間、妹の顔が真っ赤になった。

「きゃああああ、止めて、お兄ちゃん」
 妹は俯いたまま小刻みに震えていた。俺はそのまま、強引に手を上下に動かさせる。柔らかくて、温かい、小さな妹の手が、汚い俺のペニスを握っている。考えるだけで射精してしまいそうだ。

「ほら、洗えよ」
「うう」
 渋々、俺のペニスを掴んで、ぎこちなく手を上下にスライドさせる。下手くそな前戯にもならない行為だったが、妹にさせているというシチュエーションが、いとも簡単に、俺の息子を爆発寸前にまで勃起させた。

「お兄ちゃんのが、どんどん大きく・・・・」
 目を見開いて驚く妹に、俺は精液をぶっ掛けた。
「きゃあああああ」
 顔を俺の精液でドロドロにして、妹は呆然としていた。顔に付着した精液を指で取って、マジマジと見つめている。

「ああ、何これ」
「はぁはぁ、次は俺が洗ってやるよ」
 射精したというのに、全然興奮は収まることを知らない。俺は妹の後ろに回り込むと、俺にしてくれたのと同じように、タオルに石鹸の泡を付けて、その丸みを帯びた、マシュマロのようかな柔らかな背中を洗い始めた。

「お兄ちゃん、何だか恥ずかしいよ」
「昔はよくしてただろ」
 水着の中に手を突っ込まないと洗えない。これはこれでそそるものがある。
「あ、お兄ちゃん、そこダメぇ」
 俺はタオルを水着の中で動かして、すっかり成長した、二つの乳房をゴシゴシと擦った。

「これじゃ上手く洗えないな」
 手に泡を付けて、直接、妹の胸を後ろから揉みしだく。弾力があって、重みもある。柔らかくて、いつまでも触っていたい。
「ちょ、ああん、さっきから、そこばっかり」
 気付けば、胸だけを洗っている自分がいた。グニュグニュと、中の肉を動かすように激しく揉む。その度に、妹の身体はビクッと反応し、甘い吐息が聞こえて来る。

「はあん、お兄ちゃんにぃ、おっぱい揉まれるなんてぇ」
 妹は自分の言葉に酔い痴れるように、何度もそう呟いていた。
「次はこっちだな」
 俺はそのまま、妹の下半身に手を這わせると、良い感じに蕩けてきたであろう、黒い茂みに触れてみた。

「あ、ダメ、お兄ちゃん。そこは絶対ダメなの」
「ダメという割には、凄い濡れてるぞ。手がビショビショだ」
 わざと、指先を妹の眼前に持って来る。指先はテラテラといやらしく光っていた。
「ほら」
「あむ、んん、んんんん」
 妹の口の中に愛液塗れの指先を突っ込んだ。そして、小さな舌を弄んだ。

「んんんん、ひゃめ、ひゃめてぇ」
 サーモンピンクの割れ目を指先でなぞりながら、奥の方へ突き入れて行く。
「んん、んふ」
 中はヌルヌルとして温かい。
「ああん、あんあん」
 おれは妹を立たせて、壁に手を突かせると、そのまま水着をずらして、肛門とアソコを露わにさせた。

「さて、どっちを苛めてやろうかな」
 俺はペニスで妹の尻肉をペシペシ叩いた。そして、そのままら妹の腰を掴んで、ペニスを、妹のアソコへ挿入した。

「んんはあああああ」
 俺も妹も、ついさっき、満足したと思っていたのに、もう元気を取り戻していた。背後から妹の長い後ろ髪を掴んで、パンパンパンパン、尻肉に叩き付けるように、激しくペニスを出し入れした。

「はああああ、これ凄い、何これぇ、気持ち良いぃぃ」
 妹の歓喜に溢れる矯声。鏡に映る彼女の顔は、涙を流しながら笑顔を浮かべているという、何とも言えぬ、イヤらしいメスの表情だった。

 俺は純粋に嬉しかった。あれだけ遠い存在に見えた妹を、こんな風に、俺のペニスで好きにできることが、幸せだった。だから、こんな意地悪もしてしまう。

「あ、ちょ、え?」
 突然、俺は腰の動きをピタッと止めた。驚いた妹は、戸惑いの声を上げる。
「お兄ちゃん?」
「ん、どうした?」
「し、しないの?」
 声を震わせる妹。早く動いてくれと、訴えかけているように聞こえる。

「いや、流石に妹にこんなことしたら、ヤバいよなって、ふと冷静になったんだ」
「な、お兄ちゃんのバカ。今さら、そんなの止めてよ。ここまでしたんだから、早くして」
 腰を自らゆっくりと振って見せる妹。交尾にオスを誘うメスのような動きだった。しかし、まだ許してはやらない。

「何で、早くするんだ。お前、嫌がってたじゃん」
「そ、それは、そうだけど、こんな中途半端で止めるなんて、酷いよぉ」
 媚びるような猫撫で声で妹は言った。清楚で、スポーツと勉強一直線だった妹が、オナニーをしていただけでも、俺からすれば青天の霹靂だったというのに、もうここまで淫乱になるなんて、調教し甲斐があるのか無いのか、何とも言えない気分だ。

「じゃあ、認めなよ。私は淫乱ですって。お兄ちゃんのおちんちんが大好きですって」
 月並みな台詞だが、こっちは真剣だ。あの妹の口から、そんな卑猥な言葉を吐かせられるなんて、滅多に無い。いや、一生無いかも知れないのだ。

「そ、そんなこと、言えないよ」
「じゃあ、お別れだな」
 言いながら、俺はペニスを抜こうとした。血管が浮き出るほどに勃起したペニスは、中々、妹のマンコを離さない。
「言うから、その、抜かないでよ」
 精一杯の妹の言葉。本当に淫乱な奴だ。

「わ、私は淫乱。うう、淫乱です」
「それだけじゃないだろ?」
「はい。ええと、お兄ちゃんのおちんちんが大好きですぅ」
 合格だとばかりに、俺は激しいピストン運動を再開する。同時に、妹の身体が跳ね上がる。
「あはぁ、凄い、あああ、お兄ちゃん好きぃ、大好きなのぉ」
 感極まって叫ぶ妹が可愛かった。俺は彼女の片足を持ち上げて、バレリーナのような格好にすると、より深く妹の中へと入ることができた。

「それ、良いぃぃぃ、あはぁ、あんあん、堪らない。私、わたひ、おかひくなっひゃううう」
「うおおおお、恵、俺も、俺も好きだぁぁぁぁぁ」
 肉ヒダを掻き分けて、一番奥の子宮まで届く勢い。そして、そのままバランスを崩して、二人して床に倒れ込む。それでもまだ止めない。片足を持ち上げて、ズンズン突きまくる。